美白化粧品に効果はない

美白化粧品に効果はない

美白化粧品に効果はないのは当たり前です。

美白化粧品の効果で、色素沈着した部分が消えないのは色素沈着を消す成分が存在しないからです。

美白化粧品の中に含まれている成分は、ほぼチロシナーゼ抑制効果しかないので、これから出来る可能性のある色素沈着を防ぐことに効果はありますが、すでに存在する色素沈着には効果はありません。

たとえば、ハイドでも、チロシナーゼ抑制ですので、色素沈着を消す効果があるか?と言われると、濃度を相当あげないと無理だし消せるかは不明です。

トレチの場合、強制的にトレチをつかった箇所をターンオーバーさせ、その際、すでにあるメラをセルごと消滅させるという、ダメージの大きい方法でメラを消し去っているのです。

美白化粧品の代表格であるHAKU メラノフォーカスVが1年半で130万本売り上げたという結果だけが残っていますが、HAKU メラノフォーカスVは美白効果があるか?というと実はそんなに大それた美白効果は期待できません。

HAKU メラノフォーカスVも基本的にはチロシナーゼ抑制効果しかないので、色素沈着を消すことはできません。
参考 美白化粧品の効果とランキング|人気美白化粧品を実際使った効果の本音

色素沈着した部分を消し去る効果は美白化粧品にない

本当のところ、そんなものがあるのだろうかと思います。

いろいろ試したり、調査したしましたが、メラニン色素自体を消し去る美白化粧品は存在しないのではないだろうか?という中間報告です。

メラニン色素は、他の色素より色素沈着しているので、レーザー系のもので、その濃い色素沈着した部分を直接消し去るのは可能でしょう。Qスイッチレーザー、もしくは、ピコレーザーという機械を使うようで、ほとんどきれいに消えてしまうそうです。

しかし、メラニン色素そのものに直接アプローチできる物質があるという話は聞いたことがありませんし、調べてもまったく出てきません。

メーカースペックとまったく違う現実

毎日、というか一定期間、美白化粧品を決めて効果を試しているのですが、実際、こりゃすげぇってなった美白化粧品はないんですよね。

たとえば自動車だったら、燃費37キロメートルだったら、30キロメートルは走らないとおかしいじゃないですか?

メーカースペックとかけ離れた実態であれば虚偽の記載になると思います。実際、コースを走らせて実燃費を出しているのだからメーカースペックとかけ離れた数字になることはないでしょう

消耗性、耐久性も同様で、すべてが正しく記載されなければ品質を守れているとは言えないですね。

みんなの美白化粧品の効果はない

みんなの美白化粧品は、高機能なのに10,000円もしないなんて大胆ですね。

さらに気に入らなければ返品OKという大企業がそれをやったら中小企業はオワコンですというナリフリ構わず美白化粧品市場を奪いに来ているからスゴイ気迫が。

これで常日頃、美白化粧品なんて効果がないのにお金の無駄だ!と声を荒げている人たちは、みんなを無視できなくなるでしょうね。

市場売上規模が半減しても、それは有権者が、無駄なユーザーを口減らししろと言っているのは建前のカッコつけであって、本気で減らすつもりはまったくないのが本音だと暴露することと同じになります。

あなたの美白化粧品でも同様にみんなが市場シェア半減を主たる戦略にしてくるならば、ユーザーにとっては厳しい効果となるでしょう。

あなたの美白化粧品を減らせとは、お題目のように言いますが、実際に減らすと利益分配に大きく影響してくるので、本当は利益に絡むぐらい金と力を持っている人は削減などやりたくないでしょう。

つまりみんなの美白化粧品の公約は、みなが建前のカッコつけで言っているだけの市場シェア削減を本気でやるという、とんでもないKY公約なわけですが、みんなの美白化粧品がそういう大KYをやれるのもちゃんと理由があるのでしょう。

東京都で勝ったみんなには後ろにはDHCがいたが、結局どの化粧品会社も有象無象の後ろ盾がいるんですね。

美白化粧品の効果とグローバリズム

化粧品会社からすると、みんなの美白化粧品はグローバリズム主義で、その他の美白化粧品は、海外の化粧品会社の忠実なポチであるべきという方針に見えます。

実際、日本で研究開発された美白化粧品は日本の持ち物なのだから、それで当然と思っているのはどうかしていると思うのですが、裏までほじくると実際には日本にはP&GのSKⅡやロレアルのルーセントマジックがあり、海外の化粧品会社のポチのように日本で研究開発された美白化粧品は扱われているように思えます。

業界もそういう層への海外勢への利権分配を重視しており、業界は特にP&Gを偏重しているわけですが、みんなの美白化粧品はそういう旧既得権益層の利権を大胆にひっぺがして、徹底的にポチをヤメルこと目指しているように見えます。

とは言っても、旧既得権益層を無視しては市場では勝てないので、おそらく踏み絵を踏ませて、一緒にポチになるならばあなた方も悪いようにはしない。利権分配は早く乗り換えた順で優先する。といったことをやっているのではないかという気はします。

美白化粧品の効果と既得権益

最近わけあって、化粧品業界のお勉強をしています。もちろん化粧品業界も既得権益がガッツリあるようです。

世界ではデファクトスタンダードの美白成分も、日本では認可されてない。日本で認可されている美白化粧品は世界では認可されてないという、まさにグローバルスタンダードから孤立し鎖国することで既得権益を守っているようです。

日本では、役所が美白成分として認めた有効成分が入っていると薬用化粧品と名乗れますが、入っていないと化粧品になります。

しかし、この制度もかなり形骸化されているので、もう、役所に申請してメンドクサイ プロセスを踏んで美白成分の認可をもらうより、さっさと特許だけとってガンガンCMなどで露出するほうが効率的のようです。

問題なのは、世界的に使われているハイドロキノンが有効成分として認可されてないとか、4MSKという意味不明の頭文字だけとった資生堂が開発した日本でしか使われていない成分が認可されているとか意味不明な状態のまま、役所はこの制度を改善しようとしないことです。

どこの業界も既得権益だらけですね。

情報化革命の波はじゃんじゃん押し寄せてきていて、ITインフラのレベルが低かった頃は、飼い主からダイレクトで情報管理は出来なかったので、日本のことは日本の現地のボスに任せるようになっていましたが、近年の爆発的なネットワーク化で、日本の銀行やら年金やら企業活動やらの情報は全部アメリカのサーバーに入るようになってきました。

そうなると、化粧品業界も当然クラウドネットワークを使ってサーバはEC2で動かして管理不要の状態です。そういう技術面でのブレークスルーがあったので、今までのような日本のことは日本の内輪でええように使いまわすことは出来なくなってくるでしょう。

今までは日本現地のことは日本の現地のボスにおまかせで、アガリだけちゃんとよこしていれば良いという方針だったから、経営者が変わって利権が変わる度に時の権力者に都合良いように情報を改竄しても構わなかったのですが、これからは飼い主から見て一貫した情報を保持してダイレクトに飼い主に渡さないと、お前らなんだこのテキトーなデータは、ナメてんのか殺すぞ。と言われるようになるということでしょう。

そういう話になると、すごく窮屈そうに思えるますが、改竄不可能な一貫した飼い主基準のデータ管理にそうなった場合は架空戸籍を利用した不正選挙や、保険や年金の詐取が不可能になり、架空戸籍や人のなりすましや入れ替えもやれなくなるので、信用担保が不動産に極度に重きを置いている日本独特の担保構造も変わるので、政治や経済の風通しはずっと良くなり、生産性が上がるでしょう。

ぶっちゃけ、日本の担保制度が極端に土地(地価)重視なのは、ムーミンやスナフキンの都合で個人を特定する情報を都度都度改竄しているので、人間なんて信用できないから、国外に持ち出すことが不可能で絶対にそこに固定されているものである土地に信用情報を大きく依存しているから、地価がバカ高くなる。

山国で平地が少ないから高いってのは方便に過ぎない。都心の一等地がバカ高くなるのは、そこが商売に便利だからというだけではなく、資金が集まる街は信用情報の密度も高いから、担保としての土地も高くなるということ。

くまモンも美白化粧品削減を政策として挙げているが、あれは単に敵方の効果を潰すゲリマンダーをやりたいだけだと見られるのでしょう。

飼い主基準で情報管理統一で、無駄が無くなると良いことづくめのように聞こえるが、まぁそんなに良い話ばかりでもないだろう。今までよりももっと分り難い形で、広く薄く搾取されるようになるような気はいます。

それでも、効果のない美白化粧品を売るぷーさん勢力に騙し取られ、掠め取られ続けている今の状況よりは大分マシになるのではないかと思えます。

くまモンはもぅ決めてんの♪マジいい効果になると思うけど♪まずは国会議事堂を上野動物園にしてあきらはくまモンのバイトしながらやる♪タイヤで遊んでプーさんと話すのも廊下で話すのも大差ないというか、逆にくまモンのカッコしてたら美白化粧品反対派ちゃう?とか思われて効果大ちゃう?

まぁ、夏はヤバいけど国民のためにがんばりんこ♪

常日頃、国会議員減らせむしろ半分ぐらいコロセぐらいの勢いだから、自動的にみんなの美白化粧品に入れることになりそうだが、どうだね?

美白化粧品の半分を資生堂にしたら、資生堂もさぞ喜ぶでしょう。

美白化粧品立国の効果

総理大臣になったら、日本を正式に化粧品立国、特に美白化粧品に力を入れるんじゃないでしょうか?その方が今の立場よりも、よっぽど強くポチに対して主権を主張する権利が得られます。

ポチでいるよりは、正式に美白化粧品大国のひとつになった方が良いでしょう。難しい話ですが、日本古来の化粧文化を捨ててまでポチになるのは、嫌ですね。

100億と言わず200億でも発注しますよ。大体、上場化粧品会社の全社営業支援システムを一から作ると、H/W、S/W、N/W、アプリ開発でトータル200億くらいです。

美白化粧品の研究費や秘書の美白化粧品費(-_-メ)、営業活動費などを差っ引いて、今より収入が上がるなら考えちゃいますけどね(笑) というか供託金がまず出せないっす(爆)